佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

音楽療法 Q&A

音楽療法とは何ですか?

音楽療法とは、対象者(クライアント)の身体的、感情的、認知的、精神的、社会的なニーズに対応するために、音楽を意図的に使用する療法です。音楽療法は確立された専門職で、トレーニングを積み、資格をもった音楽療法士によって行われます。

米国音楽療法学会(AMTA)の定義には、このように示されています。

Music Therapy is the clinical and evidence-based use of music interventions to accomplish individualized goals within a therapeutic relationship by a credentialed professional who has completed an approved music therapy program. (American Music Therapy Association)

(訳) 音楽療法とは、臨床的かつエビデンスに基づいた音楽の使用法。 (セラピストとクライアントの)治療関係の中で、個人の目的を達成するために音楽を利用する。承認された大学を卒業し、資格をもった音楽療法士によって行われるものである。

音楽療法士になるには?

音楽療法の資格は、国によって異なります。米国認定音楽療法士(MT- BC)になるには、承認された大学の音楽療法のカリキュラムを終了し、6ヶ月間フルタイムでインターンシップを実行する必要があります。その後、試験を受験する資格が与えられます。日本音楽療法学会認定音楽療法士になる方法は、こちらをご覧下さい。

音楽療法士になるには、楽器を弾けないといけませんか?

米国認定音楽療法士になるには、ピアノとギターが弾けないといけません。歌が歌えることも条件の1つです。多くの音楽療法士は、クライアントのニーズ応じて、ピアノやギター以外の楽器も使います。

音楽療法士はどこで働くのですか?

音楽療法士は様々な場所で仕事をします。 例としては、精神病院、リハビリ施設、医療病院、外来診療、デイケア治療センター、発達障害者にサービスを提供する機関、薬物やアルコール依存症治療のプログラム、刑務所、高齢者センター、老人ホーム、ホスピス、学校などです。

音楽療法の歴史とは何ですか?

音楽が人間の癒しにいろいろ効果が有るのだという考えは大昔からあり、古代エジプトまでさかのぼることができます。今日的な意味での音楽療法が行なわれるようになったのは第二次世界大戦中の欧米です。

その当時、戦争によって身体的および感情的なトラウマに苦しんでいた軍人のため、音楽家が軍人病院に行って音楽を弾きました。医療の現場で働いていた人々や音楽家は、音楽の力に気づいたと同時に、音楽療法を行うにはトレーニングが必要だと実感しました。それが、大学での音楽療法学科設立のきっかけとなったのです。

誰が音楽療法の対象となりますか?

音楽療法は、どんな人にも役立ちます。たとえ健康な大人でも、音楽療法の恩恵を受けることができます。音楽療法士は、出生前から終末期を含めた、人生すべての段階で人々をサポートします。

音楽療法のセッションというのは、どういったものですか?

音楽療法のセッションの内容は、クライアントによって違ってきます。例えば、自閉症児との音楽療法と、ホスピスの患者さんとの音楽療法では、全く違った内容になります。ただし、目指す原理は同じです。音楽療法士は、クライアントのニーズに基づいて、意図的に音楽を使用します。

音楽療法は、ホスピスや緩和ケアにおいてどのように使用されていますか?

ホスピス緩和ケアで働く音楽療法士は、音楽を使って、患者さんの精神的なサポートをし、不安やストレス軽減します。音楽療法によって痛みの緩和をすることも可能です。また、患者さんとご家族が有意義な時間を過ごすお手伝いもします。

ホスピス緩和ケアにおける音楽療法に関しては、ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽(ポプラ社)を参照ください。

LastSongOriginalBorder.jpg

ニュースレターを発行しています。ご希望の方はこちらからご登録ください。登録は無料です。

関連記事

音楽療法ってそもそも何?

音楽療法について知らなかった10のこと

「何で音楽療法士がもっと病院にいないの?」2014年に印象に残った6つの言葉

アメリカでは音楽療法士は国家資格?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。