佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

人は自分の死が近いことを察するのか?

old病気とともに生きていくことに疲れたとき、「もう死にたい」と口にする患者さんがいます。そして、ある日を境にその言葉が、「もう死にます」に変わる時があります。そういう患者さんは、その言葉通り数日後に亡くなることが多いのです。ホスピスの患者さんは、潜在意識で自分の死期が近いことを察しているとしか思えないような言動をとることがあります。

では、アルツハイマーなどで認知的な能力が弱まった人の場合はどうでしょうか?

音楽療法のインターンシップをしていた当時、私はハーブという80代の元ジャズシンガーの患者さんに出会いました。アルツハイマーの末期の症状に苦しんでいた彼は、老人ホームに住むホスピスの患者さんでした。一人娘の名前さえも忘れてしまった彼と、言葉でコミュニケーションを図るのは難しい状態でした。

しかしハーブは、昔の曲だけは覚えていたのです。 私がギターの伴奏で“What A Wonderful World”などを歌うと、曲の間だけは生き生きとリズムをとったり手をたたいたりしていました。そしてときには、音楽によって彼が記憶をとりもどすようなこともあったのです。私たちは音楽を通じて会話を積みかさねていきました。

ある日、セッションを終えて部屋を出ようとしたとき「君のために歌を唄うよ」という声がしました。驚いて振り返ると、いたずら好きな子どものように笑うハーブがいたのです。日ごろから「もう歌は唄えない」と言っていた彼が歌を……?

ハーブは低い声でゆっくりと歌いはじめました。普段は簡単な言葉を発することさえ苦労する彼の口から、すらすらと言葉がでてくるのです。

歌の後私が拍手をすると、ハーブは満足そうな笑顔をうかべました。そのとき、私は初めて本当のハーブを見たような気がしました。音楽に満ちた人生を送り、社交的な性格だったハーブ。アルツハイマーという病気のために、彼本来の姿はその中に隠れてしまっていたのです。

2日後、ハーブが亡くなりました。私を含め、スタッフはみな、彼の突然の死に動揺を隠せなかったのです。病状は悪化していたものの、担当医も看護師も、彼がこんなに早く亡くなるとは誰ひとり思ってもみなかったからです。

ハーブの訃報にショックを受けた娘さんは、2日前の音楽療法のセッション中に起きたことを知ると、こう言いました。

「昔、父がよく唄っていた歌があるの。父が唄った歌は、その曲じゃないかしら…」

ハーブが最期、ジャズシンガーとして本来の姿をとりもどせたことが、娘さんにとって救いになったのです。

彼はあの日なぜ唄ったのでしょうか。最期に自分らしくあるため?それとも、娘さんと私にお別れを告げるため?アルツハイマーだったにもかかわらず、自分の死が近いことを無意識のうちに悟ったのかもしれません。

たとえ認知症の患者さんであっても、本来の自分をとりもどせるし、メッセージを発することができる可能性がある。だからこそ、どんな患者さんであってもしっかりと耳をかたむけることが大切だということを、彼は私に教えてくれました。

***ハーブのストーリーは『ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽』(ポプラ社)で詳しく書きました。

LastSongOriginalBorder.jpg

広告

人は自分の死が近いことを察するのか?」への10件のコメント

  1. 佐野忠勝
    08/22/2015

    『ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽』を読みました。本の中の2番目のエピソード、「さよならのメッセージ What a wonderful world.」ですね。 ハーブが佐藤さんとの最後のセッションで謳った曲はなんという曲だったのでしょうか?
    如何に病んでいても、自分が生き生きと生きた時のことを覚えているのですね。

    8/22佐野

    • Yumi
      08/23/2015

      佐野さん、こんにちは。『ラスト・ソング』を読んでいただき、ありがとうございます。ハーブの最後の歌はいまだに謎です。でも、歌っていたときの彼の表情は鮮明に覚えています。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー

Google+

イーメールアドレスをご記入下さい。

現在4,314人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。