佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

【書籍出版のお知らせ】12/2発売!「ラスト・ソング」

「ラスト・ソング ~人生の最期に聴く音楽」(ポプラ社)

LastSongOriginalBorder.jpg佐藤由美子(著)

12月2日(火)出版

定価:1200円(税別)

ブックデザイン・高柳雅人

イラストレーション・西淑

今年の春からずっと手がけてきたことを、皆さんに報告できるときが来ました。

12月2日(火)に『ラスト・ソング~人生の最期に聴く音楽』(ポプラ社)が発売されます。

私はこの10年間、ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士として、オハイオ州にあるホスピスで音楽療法を実践してきました。昨年帰国し、このブログをはじめてから、皆さんから沢山のメッセージをいただきました。

「音楽療法ってそもそも何?」

「ホスピスで働くってどういうこと?」

「グリーフってどんなもの?」

「ホスピスの音楽療法士って一体何するの?」

このようなご質問にお答えするため、いくつかの記事を書きましたが、正直ブログでは説明しきれないと感じていました。

なぜなら、音楽療法は患者さんとの信頼関係のもとで、初めて成り立つものだからです。その人間関係が、セラピーで最も重要な要素なのです。それを伝えるためには、患者さんとのストーリーをしっかりと書きたい。本にすることで、それができるのではないかと思ったのです。

ブログでは書ききれないことや、ずっと書けなかった患者さんのストーリーなどをまとめたのが、『ラスト・ソング』です。

原稿を書きながら当時を振り返ってみると、本当に数え切れないほどの患者さんとの出会いがありました。

死が迫った人というのは、こちらが真剣に聞く姿勢をもてば、驚くほど興味深いことを語ってくれます。充実した人生を送った人。後悔や怒りを胸に逝った人。愛情に囲まれて亡くなった人。

さまざまな方がいましたが、それがどんな人生であれ、私は彼らから沢山のことを学びました。

患者さんやご家族が託してくれた、彼らの人生そのものと言うべきストーリーを本にすることで、音楽の力を皆さんに伝えたい。そしてそれが、「生きること」について考えるきっかけになれば。そのような想いで、この本を書きました。

詳しい本の内容は、アマゾンのサイトをご覧ください。

ただ今、予約受付中です。

また『LAST SONG 応援フェイスブックページ』も作りました。

この本にこめた想いや、本を書くことになった経緯、書くにあたって苦労した点などを書きつつ、収められているストーリーの紹介などもしていきます。この本の編集者である天野潤平さんからのメッセージも載せますので、是非ご覧になってみてください。

*** 「ニュースレター最新号」を発行中です。ご希望の方は、こちらから登録してください。ニュースレターは無料です。

広告

【書籍出版のお知らせ】12/2発売!「ラスト・ソング」」への8件のコメント

  1. 曽田 邦義
    05/25/2016

    今 図書館で借りて読んでいます。読むたびに涙がでて恥ずかしくて電車では
    止めました。人生色んなことがありますが、ベストをつくして楽しく過ごせたら
    と思います。私は最後の曲が、サイモン&ガーファンクルの明日に架ける橋で、
    その時、満足して逝けたらそれでいいと思います。新聞の記事でメモしていて、
    図書館にあったので借りました。いい本をだして頂き感謝しています。娘は
    看護師をしていて、彼女も患者さんにいい出会いを提供していけたら素晴らしい
    仕事だなと思います。ありがとうございました。岐阜県多治見市、会社員男性54歳

    • Yumi
      06/08/2016

      曽田さま、はじめまして。メッセージありがとうございます。「ラスト・ソング」を読んでいただき、光栄です。ぜひ、娘さんにもご紹介いただければ幸いです。

コメントは受け付けていません。

情報

投稿日: 11/06/2014 投稿者: カテゴリー: ホスピス緩和ケア音楽療法, 終末期ケア/エンド・オブ・ライフ・ケア タグ:

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。