佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

NHKオーディオドラマ『ミュージックセラピスト』

 

Scprit5皆さんこんにちは。今日は嬉しいお知らせがあります。

ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽』(ポプラ社)を原作とした、NHKオーディオドラマが放送されます。

題名は『ミュージックセラピスト。 

NHK-FMラジオで5月23日の午後9時から放送されます(→10月17日 午後9時~午後9時50分から再放送になります!

ドラマには、本で書いていない患者さんとのストーリーや、私の子ども時代の話なども出てきます。本を読んでくださった方も、そうでない方も楽しめる内容になっています。

この作品を手がけるのは、「中学生日記」などを演出されたベテランの演出家、佐々木正之さん。脚本は、「全力離婚相談」などで有名な、井出真理さんです。

ミュージックセラピスト』の中で、私(ユミ)役は女優の藤本喜久子さんが演じますが、歌の部分は私が担当します。

まだ日本では聞き慣れない、「音楽療法士」。

この仕事が一人前にこなせるようになるまで、何年もかかりました。

今こうして皆さんと音楽療法について語れるのは、恩師や患者さんたちから多くのことを学んだからです。

私と患者さんとのストーリーを通じて、多くの人に音楽療法士の存在を知っていただければと思います。

DAIHON

ミュージックセラピスト

この世界には、言葉より「音楽」でしか伝わらない想いがある。

【NHK FM】

2015年5月23日 午後9時~午後9時50分(全1回)

【出演者】

藤本喜久子 草村礼子 岡本富士太 重松収 佐藤直子
沼田爆 中野英樹 萩原利映 内田健介 海本きくえ
大村波彦 若狭勝也 ほか

【原作】

佐藤由美子

「ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽」

【脚色】

井出真理

【音楽】

菅谷昌弘

【スタッフ】

演出:佐々木正之
技術:大塚茂夫
音響効果:岩崎進

【あらすじ】

ミュージックセラピストとは、まだ日本では馴染みの薄い「音楽療法士」のことである。音楽によって、患者の心を治療する人たちだ。アメリカのホスピスで緩和ケアの音楽療法士として10年間働き、1200人の死を看取り、7200人の患者と接してきた佐藤由美子さん。続きはこちらから

広告

NHKオーディオドラマ『ミュージックセラピスト』」への10件のコメント

  1. 師田 栄一
    10/17/2015

    偶然の出会いでした。ラジオを聴きながらうとうとしていた時、目覚めよという声がしたのです。揺り起こされました。なんと心にしみる言葉の数々でしょう。有難うございました。

    • Yumi
      10/23/2015

      師田さん、メッセージありがとうございました。偶然の出会いだったのですね。ラジオドラマをお聴きいただき、ありがとうございました。

  2. 水谷昇一
    10/04/2015

    文化庁芸術祭参加です!今度の再放送は!

    10月に再放送されるオーディオドラマ番組のうち、ミュージックセラピストを含む3作品は文化庁芸術祭参加作品です。10月3日の番組もなかなか秀作でした。
    でも、ミュージックセラピストは最優秀賞を獲得できそうな気がします。
    10月17日土曜日夜9時からです。

    • Yumi
      10/05/2015

      ありがとうございます!芸術祭参加、とても嬉しいです。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。