佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

「浜千鳥」~戦死した父親を探して

sanderling-737008_640先日、静岡県三島市で行われたイベントで講演した。その時、熱心に講演を聴いている70代の女性がいた。優しい顔立ちで、白髪の髪を後ろでまとめていたその女性は、最後の質問コーナーで手を挙げた。「浜千鳥」という歌をどうしても聴きたい、と言うのだ。講演会で歌をリクエストされたのは初めてだった。

女性の名は玲子さんと言い、静岡県生まれで海が大好きな人だ。数年前、海辺を散歩しているとき、浜千鳥がやってきた。そのときふと頭をよぎったのが、戦死した父親のことだった。

「私は浜千鳥のように、今でも父を探している」

そう思うと、自然に涙がこぼれた。

浜千鳥

作詞:鹿島 鳴秋、作曲:弘田 龍太郎

青い月夜の浜辺には
親を探して鳴く鳥が
波の国から生まれ出る
濡れた翼の銀の色

夜鳴く鳥の悲しさは
親をたずねて海こえて
月夜の国へ消えてゆく
銀のつばさの浜千鳥

父親は彼女が3歳のとき、フィリピンで戦死した。玲子さんは父親のことを覚えていない。でも、戦争に送られる父親を見送った日のことは覚えている。

「たくさんの兵隊さんの中に、一人だけ私のことをじっと見ている人がいたの。その人がお父さんだったの」

それが、彼女にとって唯一の父親の思い出だ。

あの日から70年以上の歳月が流れた今でも、父親を失った悲しみは消えない。そして、この歌を聴くたびに父親のことを思い出すのだ。

私は長年ホスピスで働き、多くの人と接してきた。年を重ねても、最期はみな両親のことを思い出し、「もう一度会いたい」と言う。それは、アメリカ人でも日本人でも同じだ。玲子さんのように若くして親を亡くした人は、その気持ちがひときわ強いのだろう。

別れ際、彼女が言った。

「私はこの年になっても父を探しているのね。お父さんが生きていてくれたら・・・。もう一度だけ会いたかった」

 

広告

「浜千鳥」~戦死した父親を探して」への2件のコメント

  1. 星      博
    09/22/2015

    結局、無償の愛情で包んでくれるのは親だけかもしれません。歳月を重ねれば重ねるほどそう感じます。この曲はぜひ佐藤さんのレパートリーに加えてください。サトウキビ畑も戦争で亡くなった父親を慕う曲ですが長いのが玉にきず。静岡方面をするときに,玲子さんにきてほしいですね。

    • Yumi
      09/25/2015

      星さん、講演のあと女性と話す機会があり、このお話を聞きました。その後、「浜千鳥」を覚えて、先日患者さんに唄いました。とてもいい歌ですね。

コメントは受け付けていません。

情報

投稿日: 09/22/2015 投稿者: カテゴリー: 音楽療法(ミュージックセラピー), 音楽回想法 タグ:

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。