佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

「生きていく絵」アートが人を癒すとき

生きていく絵

皆さん、こんにちは。最近、たまにおススメの本をご紹介しています。

今日ご紹介したいのは、『生きていく絵』(亜紀書房)です。八王子市の精神科病院、平川病院の「造形教室」に通う人たちのことが、彼らの絵を通じて語られています。

アートセラピーや音楽療法に関心のある方には、特に興味深い内容です。この本を母にすすめたところ、とても面白いと言って2回も読んでいました。

本来の人間の「癒し」とは何なのを考えさせられます。

♬ 著者の荒井裕樹さんは、障害者文化論を研究されている方で、以前シノドスで対談させていただきました。そのときの記事はこちらです→「人生の最期に聴きたい曲ってなんだろう?

広告

情報

投稿日: 07/13/2016 投稿者: カテゴリー: 心のケア・メンタルヘルス

ナビゲーション

カテゴリー

Google+

イーメールアドレスをご記入下さい。

現在4,314人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。