佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

【看護roo!連載記事7】音楽回想法で安らかな最期を―死に逝く人に起こる「回想」とは?

concert-1838412_960_720看護ROO!での連載も7回目となりました。

今回は音楽回想法についてお話します。

回想は死に直面した人にとって自然なプロセスです。

他界した家族との思い出や、その姿かたちが鮮明に思い浮かぶことも稀ではありません。

すでに亡くなった人だとしても、愛する人の存在を近くに感じられることが、死と向き合いながら生きるという現状を乗り越えるための力になります。

詳しくは音楽回想法で安らかな最期を―死に逝く人に起こる「回想」とは?」をご覧ください。

【他の記事】

医療スタッフにも音楽療法を―良いケアを実践するためのセルフケア

治療としての音楽

アンパンマンの歌がつらかった理由

認知症の脳でも音楽は認識できる

ホスピスと緩和ケアの違いと共通点―アメリカと日本での経験から

音楽療法は誰をサポートするものなのか

 

広告

情報

投稿日: 02/09/2017 投稿者: カテゴリー: 米国認定音楽療法士, 音楽回想法

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。