佐藤由美子の音楽療法日記

Journey Into Wholeness

心のケアの手法とは? 

LaClearでのセミナー

6月17日(土)に表参道のLaClearで、グリーフケアのセミナーを行います。

今回は、医療・介護・福祉現場で働く人を対象とした、専門的な内容となります。

9:00~12:00  と  14:00~17:00 の2回開催しますが、14時の回はすでに満席となりました。

9時の回はまだいくつか空席が残っていますので、ご希望の方はお早目にお申込みください。


日時/場所:2017年6月17日(土)LaClear(らくりあ)

参加費:¥6000 (ハーブティー付)

テーマ:「グリーフケアの基礎」~心のケアの手法とは?

対象:医療・介護・福祉現場で働く人、音楽療法士。

グリーフ(深い悲しみ・悲嘆)とは患者さんの死後に起こる現象。そう思っている人も多いかもしれません。でも、実はグリーフとは、患者さんが末期の病気を宣告されたときからはじまります。本人だけではなく、家族や友人も大切な人を失う前からグリーフを経験するのです。

また、グリーフの引き金となるのは、必ずしも死別とは限りません。離婚、引越、職を失くしたときなど、さまざまな状況で私たちは喪失を経験します。つまり、医療・介護・福祉の現場で働く私たちは、日々グリーフになっている人たちと関わっているのです。

そのため、彼らの苦しみを取り除けないことに無力感を覚えたり、怒りをぶつけられてストレスがたまったり、患者さんを避けたいとさえ思うこともあるかもしれません。私たちは、深い悲しみを抱えている人たちと、どう接すればいいのでしょうか?

このセミナーでは、グリーフカウンセリングの基礎である、「バリデーション(Validation)」と「ノーマライゼーション(Normalization)」についてお話しします。グリーフの過程について理解を深め、心のケアの手法を学ぶことによって、患者さんやご家族とのコミニケーションを向上することが目的です。また、グリーフケアにおける音楽の役割についてもお話します。

♫ 参考文献として、死に逝く人は何を想うのか(ポプラ社)を事前に一読ください。

お申込みはこちらから➡「グリーフケアの基礎」~心のケアの手法とは?

【関連記事】 グリーフ Q&A

💛ニュースレターをご希望の方は、こちらからご登録ください。

広告

情報

投稿日: 04/27/2017 投稿者: カテゴリー: グリーフ, 講演, 心のケア・メンタルヘルス

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。